• 躁鬱病の検査について

感情と症状

ベッドにもたれる

躁鬱病とはどんな病気なのか

うつ病は、20代の後半から30代に発生しやすい病気です。職場のストレスや家庭環境など、日々抱えているストレスからうつ病を発症するケースが多いです。症状は、不安感や倦怠感などが挙げられます。このような症状があるなら、検査を受けましょう。特に理由もなく悲しい思いが続く場合や、わけもなく寂しい、無性にイライラするなどといった症状が現れます。これまで好きだったことに急に興味がなくなる、何もやる気が起こらないといった感情も、うつ病からくるものです。症状が進めば、自分は存在しなくてもいいのではと思い込み自殺を考えるようになることも。躁鬱病の場合は気分が落ち込むだけのうつ病と違って、前向きな感情を起こす躁病の状態もやってきます。

不安になったら検査を受けよう

感情の起伏が激しい場合は、躁鬱病の疑いがあるので検査を受けてみましょう。検査で躁鬱病ではなく、単なるうつ病だった場合は、精神面の落ち込みだけでなく、身体面にも影響が現れることがあります。身体面に出る影響として考えられるのは、睡眠障害です。うつ病になると考え込みすぎる傾向が出るので、眠れなくなる障害を起こしやすいです。睡眠不足を起こし、倦怠感やめまい、耳鳴りなどの症状が出ることもあります。このような症状は躁鬱病でも起こることがあります。男性の場合は、インポテンツを発症することもあります。女性は、生理が不順になる可能性があります。気分が滅入る時間が長らく続き、なかなか気持ちが高揚しない場合はうつ病が疑われます。きちんと検査を受けて的確な治療を受けましょう。

躁鬱病は別名双極性障害と呼ばれます。躁状態と打つ状態を繰り返す精神疾患です。精神疾患、心療内科というと、恐ろしい・おかしいというイメージを抱きがちですが、それは間違いだと言えます。躁鬱病の原因は脳です。「鬱は甘え」といわれることがありますが、躁鬱病は身体に異常が生じるもので、立派な病気です。また、躁鬱病にかかりやすい体質は遺伝すると言われています。 また、心療内科というと危険な印象を受けますが、医師は医学的見地に基づいて検査、治療を行います。心療内科はその名が示すとおり内科の一種です。検査の後治療が行われますが、治療方法は投薬両方と心理療法が主です。躁鬱病には心理療法も用いられますが、あくまで基本は薬物療法です。

もし自分や身近な人がおかしくなっている、おかしくなりそうだと感じたら、心療内科で検査を受けましょう。抵抗感を抱く人は多いですが、医師はプロです。もし病気なら治療を、そうでなくとも一人の人間としてアドバイスをしてくれます。躁鬱病もほかの病気と同様、早期発見・早期治療が重要です。住んでいる市や町によっては無料相談を受け付けているところもあります。 躁鬱病の検査は問診によって行われます。先で述べた通り躁鬱病にはかかりやすい体質は遺伝するため、近親者に発病者がいるかが確認されます。続いて簡単なテストが行われます。これは身体に関するものです。どんなに気持ちが辛くても身体に異常がなければ健康といえます。 環境についても聞かれます。躁鬱病の引き金となったストレスの原因を明らかにします。これらの問診から医師は診断結果を出します。あくまで理論的に行われているので、決して恐ろしいものではありません。

↑ PAGE TOP