• 躁鬱病の検査について

薬で治療する

女性

検査により躁鬱病と判断されたら、治療薬を使った治療が行われます。躁鬱病の治療薬には、様々な物があります。気分安定薬は、躁鬱病の基本的な治療薬といわれているものです。気分の浮き沈みを抑える働きがあり、安定した精神をもたらします。気分安定薬は、躁状態のときに効く薬です。気分が高揚している時に飲むことで、精神が安静します。躁状態のときに効果を発揮しますが、高い精神安定の効果があるので、うつ状態の場合でももちろん有効です。服用を始めてから効果が実感できるまでは、1週間ほどかかる場合があります。一度や二度飲んで、症状が改善しないからといって勝手に服用を辞めないようにしましょう。この薬を処方する場合は、患者に合わせた適用量を検査してから処方されます。

抗精神病薬には「エビリファイ」や「ジプレキサ」といった種類があります。エビリファイは、躁状態に効く薬で、ジプレキサは躁状態でもうつ状態でも、両方に効く薬です。どちらの薬を服用するかは検査により判断されます。医師の指示に従って薬を服用しましょう。躁鬱病でも、うつ病の症状が重い場合は、気分安定薬に加えて抗うつ薬が処方される場合があります。抗うつ薬は、気持ちの沈みを改善する効果があります。しかし、躁状態のときに飲めば、気持ちの高揚をさらに高めてしまい、逆効果なこともあります。抗うつ薬を飲む場合は、タイミングが大事なことも多いので、検査の結果を踏まえ医師の指導の元で服用しましょう。

↑ PAGE TOP