• 気になる方は一度検査を受けましょう

躁病の特徴

躁鬱病は、内因性精神病の一つです。思春期以降の発症することが多く、男性よりも女性に多い症状だといわれています。
躁鬱病は精神的なものだけではなく、薬物の乱用などからも起こります。また、脳腫瘍や脳の外傷などから躁鬱病となるケースもあります。
現在社会では、全人口のうち約35%の人が、躁鬱病の経験があるとされています。
就職難や受験などのストレス、リストラなどの問題が躁鬱病の引き金となっているケースがほとんどです。

躁鬱病とは、気分が高揚して高いテンションとなる躁病と、気分が落ち込むうつ病の状態が繰り返されるものです。
躁病は、大声ではしゃぐ、自己中心的な行動を取る、高い興奮状態になるなどの症状が現れます。
このような症状の他にも、躁病の特徴の一つに妄想が挙げられます。自分が膨大な遺産を持っている金持ちだと思い込む誇大妄想をする人もいます。
異性に異常にモテると思い込む恋愛妄想をする人もいます。
躁病の発生率は、うつ病と比べると低く、およそ7分の1の発生率です。
中には、暴言を吐く人もいます。しかし、自分が他人を不快な思いにしているとは気づかないことが多いのです。
躁病は、気分が高揚している状態なので、表情がとても明るく、一見すると病気だとは気付きにくいものです。
しかし、自信過剰の言動や大声、早口などのこともあるので、そうした話し方をする場合は躁病の可能性があります。
躁病が進行すると、判断力が弱くなり金銭面でのトラブルを招いたり、支離滅裂な会話をしたりします。

CONTENTS